地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八王子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八王子の地域情報サイト「まいぷれ」八王子市

Cute Movies

アトミック・ブロンド

豪華布陣で贈るスタイリッシュ・スパイアクション

10.20[Fri]ROADSHOW<br>(c)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
10.20[Fri]ROADSHOW
(c)2017 COLDEST CITY, LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
アトミック・ブロンド

監督:デヴィッド・リーチ(『ジョン・ウィック』共同監督、『DEADPOOL2(原題)』)
キャスト:シャーリーズ・セロン(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『モンスター』)、ジェームズ・マカヴォイ(『X-MEN』シリーズ、『ウォンテッド』)、ソフィア・ブテラ(『キングスマン』『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』)、ジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』『アルゴ』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)
配給:KADOKAWA

最強の女スパイ、現る。

ストーリー

1989年、冷戦末期。MI6の諜報員ロレーン・ブロートンは、世界の運命を握る最高機密リストを奪還し、裏切り者の二重スパイ“サッチェル”を見つけ出すという極秘ミッションを受け、ベルリンへと潜入した。世界中のスパイがリストを狙い、真実も、嘘も、敵も、味方もわからない究極の状況下、果たしてロレーンと世界の運命は――。
主人公の女スパイ ロレーンを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のフュリオサ役で高い評価を受けるシャーリーズ・セロン。共演には、『X―MEN』『ウォンテッド』の演技派俳優ジェームズ・マカヴォイ、『キングスマン』のガゼル役で一躍注目され、『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』では敵の王女役に起用されたソフィア・ブテラ、さらにジョン・グッドマン(『キングコング:髑髏島の巨神』)、トビー・ジョーンズ(『キャプテン・アメリカ』シリーズ)など実力派俳優が脇を固める。監督は『ジョン・ウィック』共同監督で、世界中で大ヒットを記録した『デッドプール』の続編を手がけることが決定しているデヴィッド・リーチ。
超豪華なキャスト、スタッフが放つ、新感覚のスタイリッシュ・スパイアクションが誕生した!!

記者の見どころ

『007』『ミッション:インポッシブル』シリーズなど、男性ヒーローの活躍が目立つスパイアクション。『ワンダーウーマン』のヒットが記憶に新しい2017年、『マッドマックス
怒りのデスロード』主演シャリーズ・セロン扮する最強の女スパイが誕生した!

ジャッキー・チェンを彷彿とさせる身近な小道具を用いた接近戦、そしてスタイリッシュなアクション。作品最終盤、3日半をかけて撮影されたと言う7分半の1カットアクションをはじめ、その場にあるものを用いて最短距離で相手を制圧するアクションは一見地味に見えるようだが、それぞれのシーンがかなりの緊迫感を秘めている。瞬間的に多人数を倒すのではなく1人1人を全力で叩き続けるアクションは、スクリーンを通してこちら側まで痛みが伝わってくるかのような錯覚に襲われる!

劇中の重要なシーンで流れる80年代のヒットナンバーが印象的だ。ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツが舞台ということもあり、閉鎖的環境が終わろうとする期待感に溢れる世間と、それとは対照的に痛みに耐えながら戦い続けるスパイたちの姿に目を奪われる。シーンごとに使い分けられた、モノクロトーンやネオン色の色彩も本作の特徴の1つだろう。

『ジョン・ウィック』で共同監督を務め、『デッドプール2(原題)』の監督にも抜擢された、デヴィッド・リーチの単独監督デビュー作品となった本作。ハードで、生々しく、それでいて美しい、最強女スパイの戦いの行方は。

Text by EISUKE

人気のキーワード