地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八王子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八王子の地域情報サイト「まいぷれ」八王子市

よっ!仕事人

デイサービスRion

食とリハビリで高齢者を元気に。

2016/08/08

【まいぷれ八王子×法政大学】コラボ企画
◇◇法政大学多摩キャンパスの学生が、地域で活躍する”仕事人”に突撃インタビュー!◇◇

デイサービスRion(リオン)とは?

今回、取材させていただいた、デイサービスRionは、作業療法士の資格を持っている美智子さんと、以前天然酵母パン屋さんを営んでいた親一郎さん、柿本ご夫妻が八王子のアパートの一室で経営しています。“食とリハビリで高齢者を元気にするデイ”を掲げ、食事と呼吸で体を整えることを基本に、リハビリ、クッキング、自然な手当法、足浴、野外散歩、作業療法を取り入れ身体能力の向上を図る予防を重視したアットホームなデイサービスを行っています。

Rionの由来

R(rehabilitation)運動、I(identity) 個性、自分らしさ、O(occupation)作業、活動、職業、N(network)つながり、交流、これらの頭文字を組み合わせた造語だそうです。”リハビリで心身の回復を図りながら、自分らしく、主体的に活動し、交流しましょう”という意味が込められているそうです。
柿本ご夫妻。車の後ろにはワンちゃんが隠れています。
柿本ご夫妻。車の後ろにはワンちゃんが隠れています。

柿本ご夫妻とRionができるまで

もともと、柿本家は福島県いわき市で生活を送っていました。東日本大震災がきっかけで、美智子さんは、大学進学が決まっていた子供たちと一緒に八王子市に自主避難をし、親一郎さんは長男と二人、いわき市に残り、天然酵母のパン屋さんを続けることになったそうです。
美智子さんはいわき市にいた頃、作業療法士としてデイケアで勤めていて、かねてから独立してデイサービスを起業したいという思いがあったそうです。八王子市に移住して初めの三年は、東京の病院に勤めていましたが、「やはり起業したい」と考えるようになり、起業するのであれば「親一郎さんと一緒に暮らせるようになりたい」と、いわき市にいる親一郎さんに理解を得ようとしたそうです。対して親一郎さんは、「地元に長男がいることと、仕事があるということでいわき市を離れることが出来ないけれど、デイサービスを始めることで、家族が再び一緒に暮らすことが出来るのであれば」ということで同意したそうです。そして、八王子市で開催されていた起業塾などに参加し、勉強した末、デイサービスRionが誕生しました。立ち上げとともに、離ればなれになった家族も八王子に集結することができました。

Rionのある1日

今回、ある1日にお邪魔させていただきました!Rionでどのような活動をしているのか、紹介していきます。

身体と頭を使ったリハビリテーション

椅子に座って簡単なゲームから、身体を使った運動など、幅広いリハビリテーションが行われていました。利用者の方がスタッフの手を借りながら、それぞれでできるところまでのリハビリをしています。みなさんおしゃべりなどをしながら、とても良い雰囲気の中で行われています。
散歩の後の足浴です。マッサージをすることで血行促進の効果もあります。<br>みなさん気持ちよさそうにしていました!
散歩の後の足浴です。マッサージをすることで血行促進の効果もあります。
みなさん気持ちよさそうにしていました!

お昼ご飯づくり

昼食作りは、親一郎さんを中心にテーブルのセッティングから盛り付けまで皆で協力して行っています。親一郎さんのパン職人の経験から、栄養バランスのとれた献立が立てられてられ、利用者の皆さんが賑やかにおしゃべりをしながら楽しく料理の準備が進められていきます。料理が完成すると利用者さんとスタッフも一緒にみなさんでおいしい昼食をいただきます!
手分けして野菜を切っています。
手分けして野菜を切っています。
車夫かつ丼、レタスときゅうりのサラダ、揚げ豆腐の味噌汁、そしてデザートの豆乳プリンです♪どれもとっても美味しくてボリューミーでした!
車夫かつ丼、レタスときゅうりのサラダ、揚げ豆腐の味噌汁、そしてデザートの豆乳プリンです♪どれもとっても美味しくてボリューミーでした!

これからについて

Rionを開設してから約一年と半年。日々、目の前の仕事をこなしていくことに精一杯になっているが、利用者さんが喜んでくれる姿を見ることが柿本夫妻のやりがいであり、モチベーションになっています。しかし、土日などの休日には書類に追われることが多いのが今の現状。Rionとしての活動はしっかりと現状維持しながらにデイサービスとしての質を向上を目指している。また、これからは家族で過ごすプライベートな時間も増やしていけたらいいそうです。

施設情報

デイサービスRion
所在地 〒192-0834 東京都八王子市東浅川町183-1 メゾンヴェールタカオ101
TEL 042-673-3490
ホームページ http://www.macrocompany.jp/

取材を終えて

松田一将

今回Rionさんを取材させて頂いて相手の気持ちを理解することや仲間を思いあって協力し合うことの大切さを学ぶことができました。利用者さんたちは優しく、自分たちも色々な体験を楽しく行うことができました。みなさんの頑張る姿を見て、自分ももっと前に進んでいこうと思いました。ありがとうございました。

小林直樹

デイサービスRionさんを訪問させていただいて、デイサービスを経営していくことの難しさを感じることができました。Rion開設にいたるまで背景や起業のための苦労。また、美智子さんと親一郎さんそれぞれの強い思いを聞くことができました。柿本夫妻の貴重な話を聞かせていただいたとともにRionの取材を通して自分にとって良い刺激を受けることができました。ありがとうございました。

佐藤菜々佳

今回初めてデイサービスに訪問させていただきましたが、思っていたよりもアットホームに思いました。特にお食事を作る際には皆さんがとても楽しそうに作っていて、とてもいい空間に感じました。貴重な体験ありがとうございました。

私たちが取材させて頂きました!

佐藤菜々佳
生年月日 1997年3月21日 東京都武蔵野市出身

西八ユーザー歴5年目、八王子が第二の故郷といっても過言ではない程になりました。
最寄りの三鷹駅から寝て、八王子駅で目が覚め、西八で降りるスキルの精度も上がりつつある今日この頃です。
最近はまっていることは洋画鑑賞で、好きな事は、食べること、寝ることです。
松田一将
生年月日 1996年10月10日 愛媛県今治市出身

愛媛県今治市で育ち、田舎暮らしをしていました。
現在は東京の大学に通っています。毎日が楽しく、明るい大学生活を送っています。
好きな事は釣りです。しかし東京には海が無く、船で釣りに行くことができないので泣きそうです。私は部活もやっており、バイトもしており、学校、部活、バイトの繰り返しですが、楽な道より苦な道を選び、良い社会人になりたいと思っています。
コバ
生年月日 1996年11月12日 新潟県新潟市出身

新潟の田舎でおいしいお米を食べて18年間元気に育ってきました。
東京という名の都会にあこがれて上京。この4月で東京2年目。日々City boyに近づいています♪
高校時代にはハンドボールをやっていました。食べる事と体を動かすことが大好きです。好きな食べ物はカレーです。