地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八王子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八王子の地域情報サイト「まいぷれ」八王子市

よっ!仕事人

【番外編】農・商・学連携 合同畑研修

八王子市小比企町の峯尾農園さんを見学させていただきました。

2017/10/25

今回は番外編ということで、前回取材協力していただいた小比企町の峯尾農園さん(農)と、その八王子野菜を使用したメニューを提供している飲食店のけいの家&龍神丸市場さん(商)と、私たち法政大学図司ゼミ(学)の、農×商×学コラボで畑研修を行いました。
前回の取材記事はこちら
けいの家&龍神丸市場からはオーナーの北澤社長をはじめとするスタッフ4名+図司ゼミから学生4名+まいぷれ八王子編集長の町野さんの総勢9名を迎え入れてくれた峯尾さんは、丁寧に今畑で栽培している野菜について説明してくださいました。

連日の雨続きで台風も去ったばかりでしたが、なんとか天候にも恵まれた畑研修となりました。
一面に広がるブロッコリー
一面に広がるブロッコリー

都市農業の特徴とは。

峯尾農園さんでは多品種の野菜を生産しており、例えばナスひとつでも7種類もの品種を栽培しています。北海道のような広大な敷地を有する畑とは違い、狭い土地を活かして少量多品種の作物を生産しているのも都市農業の特徴でもあるようです。

今はブロッコリー・白菜・レタス・里芋などが多く、その場で採れた新鮮な野菜を切って試食させてくれました。
小比企町の豊かな大地で育った野菜は、とても瑞々しく、普段私達が食べている野菜との違いが明らかにわかりました。大根は噛んだ瞬間に口の中に水分が広がり、まったく辛味も感じないほどで、まるで果実のようでした。
里芋の生りかたについて解説してくれている峯尾さん
里芋の生りかたについて解説してくれている峯尾さん

手間隙掛けて作った野菜を収穫する喜びはひとしお。

今年は雨が多く、全体的に不作とのことでした。
雨が続くと虫が付きやすくなり、薬も散布できないことから不作の原因になるそうです。また、種植えの作業も出来なくなるので生産性も上がらなくなるということでした。農家さんにとって天候がいかに大きく生計に影響しているかということがわかります。

先日の台風21号は、風による被害はそこまでなかったものの、大雨の影響で畑の土壌が緩くなり、背の高い野菜などは倒れてしまったりで大変だったとお話していました。
こちらは様々な種類のレタスが植えられていました。
こちらは様々な種類のレタスが植えられていました。
重~い!大き~い!白菜!
重~い!大き~い!白菜!

畑に行って感じたこと。

普段何気なく食べている野菜がこんな風に大変な思いをして作られているということに感激しました。また、同じ野菜でも品種や環境の違いで味がこんなにも変わるというということも、実際に畑を見なければわからないことだなと感じました。

“野菜=田舎”というイメージが強かったのですが、東京八王子でもこんなに美味しい野菜を作っている人がいるということがとても印象に残った研修でした。

合同研修を企画してくださった株式会社開拓使の北澤社長、畑を丁寧に解説してくださった峯尾さん本当にありがとうございました。少しでも八王子野菜の魅力をたくさんの人が知ってくれたら嬉しいです。

研修を終えて。

【三上 奈々穂】
普段私たちがお店で料理されて出てくる野菜ひとつでもそのお店の方が現場に行って知識を深める機会があることがすごいと感じました。どんな野菜があって、どんな風に育つか、どんな料理に合うかなど様々なことを学ぶことができました。また、雨などでダメになってしまう野菜もあり、ロスになってしまうことを知り、野菜を作るのは大変だと感じました。料理を出すお店の方が野菜を作る農家さんのことを知っていると、私たちはより安心して料理を食べることができると思いました。

【渡辺 里奈】
いろんな種類の野菜がたくさんあって、実際に採って見せてもらって、いつも食べてる野菜はこうやって収穫しているんだなということがわかり、今まで知らなかったことがたくさん分かったので、とても面白かったです。キャベツや大根やレタスなど、採ったばかりの野菜を食べさせてもらいました。新鮮で、みずみずしくて、甘くて、とても美味しかったです。畑を回るのが楽しくて、時間があっという間でした。貴重な体験が出来たのでよかったです。ありがとうございました。

【工藤 安理沙】
たくさんの種類の野菜が敷地いっぱいに育てられていて、美味しそうなものばかりでした。別の農家さんが持っている敷地との距離がとても近く、農家さん同士の交流が密にできるなと感じました。野菜の育ち方や、普段よく目にする野菜は実は秋が旬だったり、1つの野菜にたくさんの種類があったりと、新しい発見をたくさんすることができました。

【篠原 秀騎】
野菜1つでも育て方や時期などが異なり、農家をやるには豊富な知識が必要不可欠だと改めて感じました。またレタスやナスなど、1つの野菜でもたくさんの種類があり、どの料理に合うのかなども異なることを知り、野菜の奥深さを感じました。野菜は天候に大きく左右されるので、よりいい野菜を作ることは簡単なことではないと改めて思いました。また機会があれば畑に行き野菜の事をもっと知れたらいいと思います。