地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八王子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八王子の地域情報サイト「まいぷれ」八王子市

高校入試の今

 第一教育センターのニュース

こんにちは!
第一教育センター講師の高柳です。

入試も終わり、早くも来年度の入試が視野に入ってきています。
大学入試が大きく変わる流れの中で、実は高校入試にもその影響が少しずつ出始めているのをご存知でしょうか。

【高い思考力が求められる入試】
これまで公立高校の入試では、単なる知識や技能を重視する問題が多く出題されていました。
しかし、昨今の入試では、「思考力・判断力・表現力」を重視するものに変化しています。
特に都立高校は早くから数学で証明問題や記述問題を毎年出題しており、それに多くの受験生が苦しめられているのはご存知の通りです。
また英語では文章の流れに沿うように英作をさせる、さらに社会などでも資料を正しく読み取り、そこからわかること、その根拠を記述させる問題も出題されているのです。
先述のような能力をはかるために、今後も様々なタイプ問題が出題される可能性があります。

【今の段階でできることとは?】
先ほどの通り、思考力や判断力と書きましたが、最も大切なことは『基本に忠実に』ということです。
勉強に限らず、スポーツや芸術においても基本をしっかり身につけることが、その後の基盤となりさらに高みを目指すときの大きな力になることは間違いありません。
また、通知表でいうところの5段階評価ではないページ(行動の記録など)での評価は、今後「学び合い」、「協働」などの力が求められる中で大切な面です。
そのために家庭の中で一緒に問題解決について話し合う機会を持つなど、基礎の確立とともに進めていく必要があります。

大学入試改革はそれ自体が変わるだけでなく、そこに向かうまでの中学・高校での学び・評価にも変化をもたらします。
大切な子どもにどんなサポートがしてあげられるか、早急に考える必要があるでしょう。

当塾のHPはこちらです。
学習塾・予備校[個別指導/学習塾/小・中・高校生対象eトレ]

第一教育センター

最新のニュース一覧へ
口コミ(1件)一覧へ