地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八王子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八王子の地域情報サイト「まいぷれ」八王子市

運が良くなる言葉の使い方 (「もうひとつの幸せ論」著小林正観より)

 おおやカラダ調整室のニュース

運が良くなる言葉の使い方 (「もうひとつの幸せ論」著小林正観より)
小林正観氏の言葉をみつけましたので、紹介します。
------------------------------------------------
ある方から…
「ありがとう」と口に出してはいても、
心の中では反対のことを考えている時があります。

「ありがとう」とは言っているものの、心の中は言葉と裏腹で…
「ふざけるな」とか「嫌いだ」と否定的に考えてしまう時があるんです。

否定的なことを心の中で思っていても「ありがとう」と言っていれば、
神様は味方になってくれるのでしょうか?
と質問されたことがあります。

「心の中で思う力(想念)」よりも口に出した言葉の力の方が
はるかに大きなエネルギーを持っています。
ですから「よき仲間」を増やすには、心の中はどんな状態であれ
「ありがとう」と口に出して言ったほうがいいと思います。

たとえば「お蕎麦屋さん」に行ったとします。
「お蕎麦を食べるぞ、お蕎麦を食べるぞ、お蕎麦を食べるぞ…」
と心の中で強く強く思い続けても、注文を取りにきた店員に
「ラーメンをください」と言ってしまったらその店員は、
必ず「ラーメンを持ってくる」に違いありません。

喫茶店に行って、「コーヒーを飲むぞ、コーヒーを飲むぞ」
と強く思いながらも「紅茶ください」と言えば、」
出てくるのは「紅茶」でありコーヒーではありません。

ということは、「想念の力」よりも「外に出た言葉の力」の方が、
はるかに大きな力を持っていることがわかります。

★つづきはこちらから

カテゴリ

最新のニュース一覧へ