地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、八王子の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

八王子の地域情報サイト「まいぷれ」八王子市

編集部コラム

価値ある地域情報をつなぐ。

まいぷれプチマガジンに掲載している編集部コラム vol.4

2014/10/30

リニューアルを機に、地域情報を扱っている「まいぷれ」がどんなサイトであるべきか、いろいろな思いにふけっています。
インターネットがこれだけ普及し、インフラが整ってどこに行ってもWi-Fiでネットに繋がる世の中になったものの、美味しいグルメ店を探すのにグルメサイトを見て、週末はどこか楽しいイベントへ出かけようとイベントサイトを見て、子どもの出産を間近に控えた若いママは出産育児一時金について市役所のホームページを読みあさる…。

果たしてこの行動は便利と言えるのだろうか。

それぞれ欲しい情報を、思うままに検索エンジンに問いかければ、それなりの情報が集まる時代になりました。確かにとっても便利ではありつつ、僕らは検索の窓にお伺いを立てながら星の数ほどある情報プールに飛び込んで、ひたすらに欲しい情報めがけてインターネットという波の中を泳ぎ続けています。

ところが、この検索するという行為では知りえない情報がたくさんあるのではないでしょうか。「検索」は探すのにはとても向いていますが、そもそも頭にない情報を得ることはできません。
例えば、「相対性理論」を知らない人が「アインシュタイン」にたどり着くわけがないし、「ゴッホ」を知らない人が「ひまわりの名画」を知る術はありません。
同様に「防犯情報」に常に気を配っていない人が、「今、近所でこんな犯罪が起きているから気をつけてね」なんてことを知ることは検索サイトでは出来ませんね。そもそも検索しませんからね…。
何気なしに同僚の送別会の宴会場を探していた人が、近所の空き巣を知る。今週末、近所で開催されるイベント情報を見ていた人が、明日予想される災害注意喚起を知る。例え話ですが、防犯や防災情報に関しては、こんな伝達の仕方のほうが向いているかもしれませんね。

バラバラに散在している情報がひとつになり、美味しいグルメ店情報を探していた人が、ゴミ拾いの地域ボランティアの活動を知ることで、ボランティア団体の人数が増えたら、ひとつもゴミのない綺麗な街が実現できるかもしれません。

数ある地域情報をつなぐことで、「気付き」、あるいは「発見」を生み出せるとしたら、もっと便利で、快適で、安心・安全な地域社会の実現に近づくことができるかもしれません。

【まいぷれ八王子 編集長 町野】
まいぷれ八王子通信「mypl.net」

地域情報サイト「まいぷれ八王子」の編集部が八王子の街で出会った、感動や発見をたくさんの人におとどけするためのお楽しみプチマガジンです。「灯台下暗し」 さぁ、八王子の新しい発見と感動に出会いに行きましょう。

vol.4の表紙とPICK UP インタビューは「居酒屋 遊民」さんです。
インタビュー記事はこちらから

PICK UP 八王子のお店 ~グルメ~